パーフェクトワン モイスチャージェル

新日本製薬のパーフェクトワン モイスチャージェルは「複合型リフティングコラーゲン」と名づけられた7種類のコラーゲンを配合しているオールインワン化粧品です。

 

コラーゲンはエイジングケアに欠かせない成分です。

通常のコラーゲンは浸透しにくい

パーフェクトワンモイスチャージェル特長効果コラーゲン

保湿効果はもちろん、バリア機能や肌のハリを改善する効果も備えている一方、

 

30歳前後から体内の含有量が減少していくためスキンケアでうまく補っていくことが求められます。

 

しかしこの成分はもともと分子量が大きいこともあり、せっかくスキンケア製品で補っても十分な効果が得られないこともあります。

 

そこでパーフェクトワン モイスチャージェルではサイズや効果が異なる7種類のコラーゲンを配合することで最大限の効果を発揮できる処方を採用しました。

 

パーフェクトワン モイスチャージェルの7種のコラーゲンと働き

コラーゲンの種類

効果・働き・特徴

カプセルコラーゲン
オイルコラーゲン

分子が小さなコラーゲンで角質層の奥までしっかりと浸透
保湿効果と肌のハリを改善する効果をもたらす

皮膜コラーゲン

皮膚の表面に留まる
潤いの膜を作ることで内部の水分が蒸発しないようフタをする効果

ベビーコラーゲン

コラーゲンの中でもとくに加齢によって減少しやすい「V型コラーゲン」を含む
赤ちゃんのようなふっくらとした肌作りに役立ちます。

浸透コラーゲン

低分子化を施すことで浸透性を向上
角質層の隅々にまで浸透して効果を発揮

保護コラーゲン 熱に強く安定した効果によって肌全体の潤いアップに役立つ
集中保湿コラーゲン サイズが小さく浸透性に優れている

パーフェクトワンモイスチャージェル特長効果コラーゲン


これら7種類のコラーゲンをサポートする形で40種類もの保湿成分も併せて配合。

 

その中にはセラミド、ヒアルロン酸といったおなじみのものからオタネニンジン根エキス、月桃葉エキス、マロニエエキスなど和漢植物エキスも贅沢に使用。

 

保湿効果はもちろん肌の健康状態そのものの改善にも効果が期待できます。

 

1本で化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地の6役を果たすパーフェクトワン モイスチャージェル。乾燥対策をはじめとしたエイジングケアに試してみてはいかがでしょうか。
また、パーフェクトワンモイスチャージェルの成分に2種類の美白成分を加えたパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルはハリに加えてシミの発生を抑えてくれる働きがあるので、たるみとハリの悩みを抱える方はこちらがおすすめです。

 

パーフェクトワン モイスチャージェルの特徴のまとめ
・7種のコラーゲンを組み合わせた「複合型リフティングコラーゲン」配合
 →角層の奥から表皮迄あらゆるところに届く

 

・複合型リフティングコラーゲンをサポートする40種もの保湿成分も配合

 

・1つで6役

 

オールインワンジェルの上手な選び方

合わない製品だと効果が感じられない場合も

エイジングケアとの相性のよさからオールインワン化粧品の注目が集まっており、さまざまなメーカーから発売されるようになっています。

 

その中から自分に適したものを上手に選んでいくためにはオールインワンジェルの特徴やメリット、デメリットをよく踏まえておくことが大事です。

 

オールインワンジェルを選ぶポイント

ポイント

理由・注意点
何を目的にオールインワンジェルを使用するのか 自分の目的に合わないジェルだと全く効果が得られない恐れがある

それぞれのトラブルに対して有効な成分に関しての知識

・シミ、シワ、たるみ、乾燥など、自分が抱えているトラブルを踏まえそれに適した製品を選ぶ
・効果だけでなく、アルコールやオイル、防腐剤といった有効成分以外に使用されている成分のチェックも重要

肌質との相性

乾燥・敏感肌や脂性肌、インナードライなど肌質によって合う・合わないはある
肌質が抱えている問題を解消できるかどうかにも着目

どれだけの役割をこなすことができるのか

・大半の製品では化粧水、美容液、乳液、クリームを兼ねるものが多い
・加えてパックや化粧下地の効果を備えているとスチームパックやメイク直しなど意外な用途でも使用できる

 

他のアイテムとの併用も視野に入れる

パーフェクトワンモイスチャージェル特長効果コラーゲン

一方、多くの役割を兼ねていればいるほど本当に自分に合った製品を見つけるのが難しくなります

 

化粧水としての効果は気に入っているけれども美容液の効果はちょっと…など。

 

ですから他のスキンケア製品との併用も考慮に入れたうえで柔軟な姿勢で選んでいくことも大事です。

 

こうしてみてもなかなか奥が深いオールインワンジェル。情報収集をしっかり行い、入念に検討していきましょう。

パーフェクトワン モイスチャージェルの口コミ

 

薄い白いジェルでスパチュラですくうと柔らかめのプリンみたいなテクスチャでした。これまでは固めのゲルが多かったので、少量でも伸ばしやすいのが印象的です。肌表面を包み込んでからゆっくり浸透。きちんと肌に入るとベタベタしないので、朝でもメイクの出来栄えを左右せずに使えます。段々内側からふっくらしてきたようです。

 

敏感肌なのでこれまで色々なオールインワンを使ってきましたが、コラーゲンが7種も入っているからか、ハリが戻ってきた感覚が一番早く感じられました。保湿力もしっかりしているようで、パウダーファンデーションもホロホロと乾燥崩れすることが少なくなり、大分助かっています。しっとりとした手触りになるのもお気に入りです。

 

トロトロとした水分が多めなので、乾燥でゴワゴワしている状態にも優しく馴染んでいきます。香りは爽やかなタイプで仄かについている程度なので、好き嫌い等関係なく使っていけそうです。伸ばしていくと、ほんの少し被膜感があるかもしれませんが、いつまでも肌に残らないので使い心地としても問題ありません。

 

かなりゆるいテクスチャなので伸ばしやすいです。適度な厚みもあるので肌を擦ってしまうこともありません。必要な量がそれぞれの部分に貼り付くような感じで、肌を覆って乾燥しないようにしてくれてるんだなって実感しやすいです。あまりに乾燥が気になる場合は、目元クリームも併用するとよりもっちりしやすくなります。

 

オールインワンジェルの選び方のまとめ
・自分の肌トラブルを改善できるか
・そのために必要な成分の知識を身に着ける
・肌質に合っているか
・1つでどれくらいの役割の働きをするのか

 

《参照サイト》
オールインワンジェルの選び方 | 新日本製薬

オールインワンジェルの選び方-低刺激-

エイジングケアにオールインワンジェルを選ぶ際には低刺激も重要な判断材料となります。

 

加齢によって肌の衰えが進むと刺激に対して敏感になります。

シミやくすみが増えるのはターンオーバーの乱れから

パーフェクトワンモイスチャージェル特長効果選び方低刺激シミクスミ

ちょっとした刺激で肌荒れを起こしてしまうこともありますし、

 

メラニン色素や活性酸素が生成されやすくなってしまいます。

 

さらにターンオーバーも遅れがちになるため、メラニン色素がシミやくすみを作りやすくなるのも厄介な点です。

 

若い頃は効果の高さを最優先に化粧品を選んでも問題ありませんでした。

 

しかし年齢肌では肌をいたわりながらケアしていける製品選びが求められるのです。

水を含めた配合成分に各社のこだわりが

もともとオールインワンジェルは一度でひと通りスキンケアができるため、肌への摩擦が少なく済むという大きなメリットがあります。

 

そのため各メーカー側では低刺激のメリットをより際立たせる工夫を行っています。

 

低刺激性かのチェックポイント
植物由来の成分の使用:
 化学成分を使用せず、天然由来の成分だけを使用
  →肌への刺激を防ぐほか、アレルギーのリスクも軽減することができ

 

水にこだわり:
 化粧品の成分の大半を占める
 名水やミネラルを豊富に配合した海洋水を使用した製品も見られる

 

 

添加物の存在:
 低コストで作るため、製品の持ちをよくするため、見栄えをよくするため、化粧品には様々な添加物が使用される
  →香料、着色料、パラベン、鉱物油など
 肌に余計な刺激をもたらす可能性があるためできるだけ避けた方が無難

 

パーフェクトワンモイスチャージェル特長効果選び方低刺激シミクスミ

低刺激を重視する場合にはまずこうした基本的な点をチェックしてみましょう。

 

メーカー側でも添加物を使用していないことをセールスポイントに掲げているところが見られます。

 

とくに香料は必要ないものですから使用されていないものを選びましょう。

 

天然由来の成分を使用した製品なら、人口の香料を使用せず原材料本来の香りを活かしたものもあるのでオススメです。

 

使ってみて肌がピリピリするような製品は刺激が強すぎます。

 

肌負担をかけずに心地よく使用していける製品を探してみましょう。

 

肌荒れや乾燥といったトラブルはそれだけで改善できる場合もあります。

 

低刺激なオールインワンの選び方のまとめ
・化学成分でなく天然、植物由来成分を使っている

 

・不必要な添加物を使っていない

 

・水にもこだわっている

 

・使って肌に違和感がない

オールインワンジェルの選び方-浸透力-

どんな有効成分も肌にしっかりと浸透しなければ効果が十分に得られません。

 

スキンケアは肌表面だけに行うものではなく、角質層全般に効果を及ぼすものでなければならないからです。

保湿対策は肌の内側から

パーフェクトワンモイスチャージェル特長効果選び方低刺激シミクスミ

とくに保湿対策は表面を潤わせるだけでなく、肌の内面が潤う環境を整えなければ効果が持続しません。

 

そのためオールインワンジェルを選ぶ場合には浸透力も重視して製品チェックを行っていく必要があります。

 

浸透力のチェックといってもさまざまな見方があります。

 

工夫が見られる代表的な成分
ヒアルロン酸やコラーゲン:
 ナノ化(※)技術がよく使用される
  →特にヒアルロン酸は優れた保水力を備えているが、分子が大きいので皮膚に浸透しにくいのが弱点

 

ビタミンC:
もともと浸透力が悪いので他の成分と結合させたビタミンC誘導体の形で配合していることが多い
極小カプセルに閉じ込めることで肌の内部にまで浸透させるよう工夫させたものもある

 

浸透しにくい成分はナノ化されていることが多い

パーフェクトワンモイスチャージェル特長効果選び方低刺激シミクスミ

それぞれの保湿成分によって浸透力を高める対策が異なってくるのです。

 

またもともと浸透しやすい成分とそうでない成分もあります。

 

粒子が細かいスクワラン、水溶性コラーゲンなどは浸透しやすいです。こうした点も踏まえた上でチェックしていく必要があります。

 

また浸透しにくい成分もナノ化によってその弱点を解消することができるわけです。

 

※ナノ化とは
もともとある成分を特殊な技術でより細かい粒子にしたもの
ナノメートル単位の極小のサイズのものもある

 

具体的にイメージするのが難しいレベルですが、この技術によってどれぐらい恩恵を受けることができるのか、

 

浸透力がどれだけアップするのかを製品の説明でよく確認しておきましょう。

 

現在では同じ成分をナノ化したものとしていないものを両方配合し、肌の表面と内部両方に浸透させる工夫を凝らした製品も増えています。

 

奥まで浸透するかだけでなく、肌の隅々にまで行き渡るかも重視した上でオールインワン化粧品のチェックをしていくとよいでしょう。

 

浸透力を重視したオールインワンの選び方のまとめ
・元々粒子が細かく、浸透背に優れた成分が配合されているか

 

・浸透しにくい成分はナノ化など、浸透性がアップする処方が取り入れられているか

ハリと弾力に効果的なオールインワンジェルの選び方

老化の進行の予防がハリや弾力対策に

パーフェクトワンモイスチャージェル特長効果選び方低刺激シミクスミ

ハリと弾力の低下が気になる人にはエイジングケア用のオールインワンジェルがオススメです。

 

ハリと弾力の低下はおもに老化の進行によって起こりますから、それをできるだけ防ぐことが大事なのです。

 

乾燥肌や美白対策に比べてもエイジングケアはオールインワンジェルのメリットが得やすいといわれるだけに賢く活用していきたいところです。

 

・どのような抗酸化成分(※)が配合されているか
 肌の老化は活性酸素による皮膚細胞の酸化によって進行
 活性酸素を抑制・除去する効果がどれだけ得られるかが最大のポイント

 

・コラーゲンの補充
 真皮層でコラーゲンが減少すると肌を支える力が弱くなりハリと弾力が低下する
 コラーゲンを直接補うよりも肌の内部でコラーゲンの生成を促す成分を補った方が効果的
 →ビタミンC誘導体やレチノール、ビタミンE、FGFといった成分が含まれた製品がオススメ

 

※代表的な抗酸化成分
・ビタミンC誘導体
 浸透性と安定性に難があるビタミンCにブドウ糖などの物質を結合させて作られている
  →どのような形で結合されているかで浸透性と効果が異なってくる
   (同じビタミンC誘導体でもメーカーによって違いが見られる)

 

・コエンザイムQ10、フラーレン、EGF、FGF、アスタキサンチンなど

 

摩擦による負担を避けつつエイジングケアを行っていけるオールインワンゲルは、ハリと弾力の改善にピッタリの選択肢となるはずです。

 

ハリや弾力対策に効果的なオールインワンの選び方のまとめ
・抗酸化成分が配合されている
 ビタミンC誘導体、Qoq10、EGF、アスタキサンチンなど

 

・体内でコラーゲン製紙絵を促す成分が配合されている
 ビタミンC誘導体、レチノールなど

 

《参照サイト》
パーフェクトワンモイスチャージェル | 新日本製薬